0120-43-1137

営業時間:
9:30~18:00
定休日:
水曜日 / GW・夏季休暇・年末年始

仙台市の不動産売却専門店|株式会社ふぁみりあ 本店 > 株式会社ふぁみりあ 本店のスタッフブログ記事一覧 > 空き家はなぜ劣化するの?そこで生じるデメリットや管理の重要性もご紹介!

空き家はなぜ劣化するの?そこで生じるデメリットや管理の重要性もご紹介!

≪ 前へ|空き家になっても水道契約は必要?通水しないとどうなるのか通水方法を解説   記事一覧   実務編51 不動産売却時における、売主の境界明示義務について|次へ ≫

空き家はなぜ劣化するの?そこで生じるデメリットや管理の重要性もご紹介!

カテゴリ:空家空地管理

人が住まなくなって長期間にわたって人の手が入らない空き家は、人が住んでいる状態と比較すると何倍もの速さで劣化・傷みが早いといわれています。
それでは、なぜ誰も住んでいない家は傷むスピードが速いのでしょうか。
今回は、空き家が劣化する原因と劣化から生じるデメリット、さらに管理やメンテナンスの重要性についてもご紹介します。

株式会社ふぁみりあへのお問い合わせはこちら


空き家が劣化・傷みが早い原因とは?

空き家が劣化する原因には「換気不足」「動物や害虫」「雨漏り」「給排水管の老朽化」などが代表として挙げられます。
人が出入りせず長期間にわたって閉め切られたままの空き家は、湿気が溜まりやすくすぐにカビが繁殖し、湿気とカビが木材を腐食させてしまいます。
また、住人がいればすぐに雨漏りに気づき対処できますが、住人がいなければ雨漏りも放置されたままになります。その結果、家の中に風雨が侵入し、そこから劣化が進行していくのです。
さらに、長い間使われていない給排水管は、内側に付着したヘドロや異物が硬化し、破損しやすい状態になっています。くわえて管内にはサビも発生し、一見問題ないように見えても、実際に使用すると不具合を起こしやすくなるのです。

その他には、動物や害虫による被害も多く見受けられます。人が住んでいれば、動物や虫・害虫がいればその都度対処もされますが、空家の状況では屋根裏や床下が動物の巣になっていたり、白蟻による被害が出てきてしまっていたり、と様々です。

▼この記事も読まれています
不動産売却における「空調」の瑕疵の事例や詳細を徹底解説!

空き家が劣化することにより生じるデメリットとは?

空き家が劣化することにより生じるデメリットは、いざ不動産売却を行う際に、建物の劣化・傷みが激しい状況ですと、買い手が付きにくくなってしまわれると言う事になります。
何の手も加えられずにずっと放置されていた建物を購入したいと思う方は少ないでしょう。
賃貸物件として貸し出そうとしても、リフォームや修繕が必要になり、多額の費用が発生してしまいます。
もし、リフォームや修繕をおこなったにも関わらず入居者が見つからなければ、費用だけがかかって収入になはならず、全てが赤字なんて言うケースも考えられます。
さらに、特定空家に指定されてしまうと撤去ならびに修繕命令が出ます。
これに従わなければ強制的に代執行がおこなわれ、所有者はその費用を請求されますが、自分で解体するよりも高額だともいわれています。

▼この記事も読まれています
不動産売却・水漏れをしている家は売却可能なのか?修繕義務や契約不適合責任も解説!

空き家の管理・メンテナンスの重要性とは?

空き家の劣化を可能な限り食い止めるためには、適切な管理やメンテナンスが必要です。
まずは、必ず言える事は「定期的な訪問は必須」と言う事です。年に数回ではあまり意味はありません。最低でも月1回は必要です。空気の入れ替えをおこなったり、水を出して給排水管のサビを除去したり、シロアリなど建物に被害を与える害虫は、空き家を保有することになった段階で対策工事をおこなうのがおすすめです。また、建物だけに目が行きがちですが、建物の周囲、お庭などの維持管理も非常に重要です。草木が生茂っていたりなどされる場合には、虫も多く、犬、猫、ハクビシン、小動物なども住みやすい環境になってしまっている場合もございます。草刈りなどは最低でも年に2回、その他除草剤散布なども行うのがおすすめです。

ただし、遠方にお住まいなど、定期的に訪問して管理・メンテナンスをおこなうのが難しい場合もあります。
そういったときは思い切って売却してしまうのもひとつの方法です。
建物は保有しているだけでも管理費用や税金などが発生するため、後々の事を考えた場合、売却したほうがお得かもしれません。

▼この記事も読まれています
売主側の責任が重くなる?不動産売却前に知っておきたい契約不適合責任とは?

まとめ

長い間人が住まない空き家が劣化・傷みが早い原因は、換気不足や雨漏り、そして給排水管のサビや虫・小動物などによる影響が大きいです。
劣化が進むと、売却や賃貸に出すときに支障をきたし、特定空家に指定される恐れなどのデメリットがあります。
定期的に訪問し管理やメンテナンスをおこなえないのであれば、後々の事も考えて売却も検討したほうが良いでしょう。

当社「不動産売却専門」株式会社ふぁみりあでは、空家・空地の管理も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

当社「不動産売却専門」会社 株式会社ふぁみりあの「空家・空地管理サービス」詳細。

https://www.familiar-co.com/pg-management/


仙台市の不動産売却のことなら不動産売却専門店の株式会社ふぁみりあ 本店にお任せください。
不動産のプロフェッショナルとして、お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社ふぁみりあへのお問い合わせはこちら


株式会社ふぁみりあの写真

株式会社ふぁみりあ メディア編集部

仙台市や近隣エリアで不動産の売却や買取をお考えなら、「不動産売却専門」の不動産会社、株式会社ふぁみりあにお任せください。柔軟なサービスでお客様をサポートできるよう、不動産売却を中心に記事をご紹介しています。


≪ 前へ|空き家になっても水道契約は必要?通水しないとどうなるのか通水方法を解説   記事一覧   実務編51 不動産売却時における、売主の境界明示義務について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • ふぁみりあの魅力
  • 仲介売却について
  • 不動産買い取りをお考えの方
  • 不動産のチェックポイント
  • 任意売却をお考えの方
  • 空き家・空き地管理について
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • 売却査定
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ふぁみりあ 本店
    • 〒981-0902
    • 宮城県仙台市青葉区北根3丁目19-25
      レストプラザキタネ 102
    • 0120-43-1137
    • TEL/022-346-1137
    • FAX/022-346-1186
    • 宮城県知事 (2) 第006429号
  • SUUMO
  • at home
  • イクラ不動産
  • イエウール優良認定会社
  • お問い合わせ
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

秋山 信広 最新記事



秋山 信広

仙台市内在住で山形県南陽市出身の秋山と申します。不動産業界に従事し、今年2022年で15年目となります。これまで数多くの多種多様な不動産売却のお取引に携わり、沢山のお客様との出会い、そして様々な不動産売却に関する経験をさせて頂いてまいりました。不動産売却から不動産買取。そして不動産相続など、不動産に関する事なら何でもご相談下さい。責任を持って最後まで皆様の不動産売却をサポートをさせて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る