0120-43-1137

営業時間:
9:30~18:00
定休日:
水曜日 / GW・夏季休暇・年末年始

仙台市の不動産売却・買取|株式会社ふぁみりあ > 株式会社ふぁみりあのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における固定資産税評価額とは?ほかの評価額もあわせてご紹介

不動産売却における固定資産税評価額とは?ほかの評価額もあわせてご紹介

≪ 前へ|不動産売却時に発生する住民税の要点をご紹介   記事一覧   実務編㉔ 不動産売却時によくトラブルとなるpoint!!|次へ ≫

不動産売却における固定資産税評価額とは?ほかの評価額もあわせてご紹介

カテゴリ:不動産売却

不動産売却における固定資産税評価額とは?ほかの評価額もあわせてご紹介

皆様、不動産を売却する際に、不動産の査定を行います。不動産の査定を行う際に、固定資産税の評価額を基に算出し、査定を行うケースもございます。その場合、不動産売却を検討する際に知っておきたいのが「固定資産税評価額」です。

しかし、固定資産税評価額とはどのようなもので、どのようにして決められるのか、ご存じない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産売却の際に知っておきたい固定資産税評価額についてお話ししてきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における「固定資産税評価額」とは?

固定資産税評価額とは、固定資産税を決める際の基準となる評価額のことを言います。
固定資産税評価額は3年に一度見直され、固定資産税だけでなく都市計画税や登録免許税・不動産取得税の計算にも使用されます。
固定資産税評価額の決め方としては、国から示される「固定資産評価基準」をもとに各市町村が評価額を決定しますが、その際に土地と家屋は別々に評価をおこないます。

不動産売却の際の固定資産税評価額の計算方法とは?

固定資産税評価額は、毎年郵送されてくる固定資産税納税通知書に同封の課税明細書で確認することができます。
また、固定資産税は固定資産税評価額×標準税率で計算されるため、固定資産税額を標準税率で割ることで固定資産税評価額を算出することができます。
ちなみに標準税率は通常1.4%ですが、自治体によって多少変動するため計算の際は注意しましょう。

(標準税率は、各自治体によって異なる為、各自治体に確認してみましょう!!)

不動産売却で知っておきたい固定資産税評価額以外の土地の評価額

不動産売却において重要となる固定資産税評価額ですが、このほかにも4種類の評価額があります。

公示価格

公示価格は、毎年1月1日時点の地価を評価して土地鑑定委員会が公表した土地の価格のことを言います。
不動産鑑定士により全国約3万か所の標準地が鑑定され、この価格が公共事業の用地買収の基準となります。

基準地価

基準地価とは、毎年7月1日時点に全国2万か所の基準地を調査対象として、各都道府県が評価・公表する価格です。

路線価

路線価とは、道路に面する標準的な宅地の1㎡あたりの価額を意味し、相続税及び贈与税の評価に用いる「相続路線価」と、固定資産税の評価のための「固定資産税路線価」があります。

実勢価格

実勢価格とは、実際の売買での取り引き価格を示したものです。
固定資産税評価額は実勢価格の70%程度に設定されるのが一般的とされるため、固定資産税評価額からおおよその実勢価格がわかります。

まとめ

固定資産税評価額とは、固定資産税を決める際の基準となるもので、3年に1回見直されます。
課税明細書にて評価額を確認できるほか、固定資産税額から計算することも可能です。
固定資産税評価額以外にも4つの土地の評価額があるため、不動産売却の際には把握しておきたいですね。
私たち株式会社ふぁみりあは、仙台市を中心に不動産売却に特化しております。
不動産のプロフェッショナルとして、お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却時に発生する住民税の要点をご紹介   記事一覧   実務編㉔ 不動産売却時によくトラブルとなるpoint!!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る