0120-43-1137

営業時間:
9:30~18:00
定休日:
水曜日 / GW・夏季休暇・年末年始

仙台市の不動産売却・買取|株式会社ふぁみりあ > 株式会社ふぁみりあのスタッフブログ記事一覧 > 実務編㉖ 不動産売却(亡くなっている両親名義の不動産は売却可能??)

実務編㉖ 不動産売却(亡くなっている両親名義の不動産は売却可能??)

≪ 前へ|不動産の売却益の概要や計算方法とは?物件売却後に役立つ節税方法もご紹介   記事一覧   実務編㉗ 不動産売却重要point!!「二項道路」|次へ ≫

実務編㉖ 不動産売却(亡くなっている両親名義の不動産は売却可能??)

カテゴリ:不動産売却


今回は、不動産の査定時や不動産ご売却のご相談の際に、良くある事例をお話しして行きたいと思います。
それは「既にお亡くなりになっておられる両親や身内名義のままの不動産を売却する」場合と言うテーマでお話しをしてまいります。

上記のようなケースは非常に多く、両親は既に亡くなっているが、現在亡くなった親名義の不動産を売却したいので査定をお願いします。相続人は兄弟数人いるが、既に話もまとまっており、私が相続人なる予定なので不動産を買取って欲しい。など、様々なご相談がございます。
結論から申し上げます。既に亡くなっておられるご両親名義の不動産を、そのままご売却は出来ません!!
point
不動産をご売却出来るのは、不動産の登記名義人となっておられる方又は、登記名義人の方より不動産のご売却をお任せされた、委任状を有する代理人に限られます!!

では既にお亡くなりになっておられるご両親や身内名義のままの不動産を売却する」場合にはどの様にしなければならないのか?と言う事ですがそれは「不動産の登記名義人にならなければならない」と言う事になります。

<登記名義人となる方法>
①ご自分で、管轄されている法務局にて不動産の相続登記を行う
②司法書士や弁護士を入れて、遺産分割協議を行い、相続登記を行う。
point!!※遺産分割協議や相続登記の場合、弁護士の場合は高額となるケースがございます。司法書士の方が費用は抑えられるケースが多く見受けられます。費用は司法書士の先生によっても異なりますが、遺産分割協議、相続登記を合わせても難しい案件でなければ一般的には約12万~20万となるケースはほとんどです。

まとめ
既にお亡くなりになられているご両親や、お身内の方名義の不動産をご売却される場合には、登記名義人とならなくてはならない!!と言う事を覚えておきましょう!!
また、動産の登記名義人になる為の登記手続きですが、もちろんご自身で行う事も可能となりますが、万が一のトラブルを防止すると言う意味でも、司法書士や弁護士を入れて、遺産分割協議や相続登記を行う様にしましょう。


私たち株式会社ふぁみりあは、仙台圏を中心に、宮城県全域にて「不動産のご売却・不動産の買取」に特化!!した事業を展開させて頂いております。
我々、不動産売却時のプロフェッショナルとして、売主様のニーズに真摯にお応えいたしますので、何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

また、当社ホームページ内にて、不動産ご売却をお考えの皆様に、お役立ち情報として「不動産に関するあんな事、こんな事、ふとした疑問点?」など、様々なご情報を掲載しております!!

 


弊社ホームページTOPはこちらをクリック!!

⇓ ⇓ ⇓



≪ 前へ|不動産の売却益の概要や計算方法とは?物件売却後に役立つ節税方法もご紹介   記事一覧   実務編㉗ 不動産売却重要point!!「二項道路」|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る