電話番号

営業時間:
9:30~18:00
定休日:
水曜日 / GW・夏季休暇・年末年始

仙台市の不動産売却・買取|株式会社ふぁみりあ>仲介売却について

仲介売却について

仲介売却について

動産直接買い取りと仲介の違い

「仲介」とは?

不動産のご売却を不動産会社に依頼して、買主様を探してもらうと言う方法です。
依頼を受けた不動産会社は、ホームページや一般ポータルサイト、チラシなどに物件を掲載し、買主様を募集します。

その際、ご売却価格は不動産会社が直接買い取りをされる価格よりも高くはなりますので、少しでも高く売りたいとお考えの売主様はこの方法がおすすめです。

しかし、買主様が一般個人の方となるケースが多い為、お取引後に想定外の「問題」や「トラブル」となってしまわれる可能性なども考慮しなければなりません。現在の不動産売買に関しましては、ご購入者様が一般個人の方の場合、買主様側の保護・保全を求められることが強い傾向にあります。

基本的な考え方としては、ご売却して終わりとなる売主様側よりも不動産をご購入してこれから長くお住まいになる買主様側、これから所有されて行く買主様側を守らなければならないと言う考え方が基本となります。

※以前は瑕疵担保責任と言われておりましたものが2020年4月の民法改正により「契約不適合責任」へと変更されております。

「買い取り」とは?

不動産業者の買い取りとは、不動産会社に不動産を買い取ってもらうことですが、こちらには2パターンございます。
① 仲介業者へご売却を依頼し、不動産仲介業者を通して別の不動産会社に買い取りをして頂くケース
② 不動産仲介業者を通さず直接不動産会社に買い取りをして頂くケース
上記の①と②とでは不動産の買い取りと言っても大きく異なります。

上記①の場合は買主側は不動産会社となりますが、不動産会社がお取引に「仲介する業者」として介入する為仲介手数料をお支払いしなければなりません。
また、買い取り先が不動産会社となるにもかかわらず直接の交渉は出来ず、全て間に入る仲介業者を通さなければなりません。

上記②の場合は余計な費用「仲介手数料」もかからず、直接の交渉も可能です。
上記でご説明した通り、不動産会社の買い取りと言っても大きく異なります。
不動産会社は買い取った不動産にリフォーム・リノベーションを行い、自社の商品として販売致します。
市場に向けた販売活動は行われず、売主様と買い取り業者の間で交渉等が成立すればすぐに買い取り契約が可能です。

介売却とは

こちらのページでは、仙台市の不動産会社「株式会社ふぁみりあ」が仲介売却についてご説明します。
仲介売却は、時間をかけてでも、できるだけ高く売りたいと言う場合におすすめです。
仲介売却は、不動産会社に買い手(買主様)を募集・探してもらう方法で一般的には、不動産売却といえばこちらのケースとなります。
ご購入希望者(買主様)が見つかりましたら、買主様と売主様の間で交渉事などがあれば、条件面などをすり合わせて売買契約を締結できるように進めて参ります。

仲介売却のメリットとしては、不動産会社による買取価格よりも高い価格にてご売却することができ、売主様側がご希望される価格で売れる可能性があるということになります。
もちろん、ご購入希望者(買主様)が見つからないといつまでもご成約とはならず、市場に売れ残ってしまう可能性もございます。

またご購入希望者(買主様)との条件のすり合わせのために、ご売却ができるまで時間がかかってしまうケースや、せっかく買主様が見つかったとしても買主様側で住宅ローンが通らないと言う恐れもあります。
最終的には売主様がご希望される売り出し価格よりも値引きをしてご売却されると言うこともありますが、それでも買い取り価格を下回ることは少ないかと思います。
販売されるターゲットが一般個人の方の場合、時間がかかっても高く売りたいとお考えの場合には、仲介売却をおすすめします。

※ご購入者(買主様)のターゲットが投資家や不動産業者となる場合のご案件は仲介売却の方が損をしてしまう可能性もございます。(例:一棟売りアパート、一棟売りビル、その他投資案件や大規模な土地など...)

動産売却の流れ

①売却相談
売主様のご事情やご売却までのタイムリミットやスケジュール等が決まっている場合など、売主様のご事情やお考えによっては、ご売却方法も変わってまいります。
ご所有不動産の相場や住宅ローン残債が残っているか否か、ご売却にかかる費用はいくらぐらいかなど、売主様によってもご状況は様々です。
不動産のご売却をご検討するにあたって、まずは不動産会社にご相談ください。
ぜひ専門家によるアドバイスを参考にしてください。

①売却相談

②査定・物件内容の確認・調査
不動産のご売却は、ご所有の不動産がいくらで売れるのか現在の資産価値を売主様自身にて把握をして頂くと言うことから始まります。
ご所有不動産の査定時にはご所有の不動産の状態や権利関係、物件自体の調査の確認などさまざまな角度からご案件ごとの調査を行い、対象物件を中心に近隣周辺での成約事例・売出事例、また、市場の動向やエリアの特性などを考慮して最終的な査定価格の算出を致します。
株式会社ふぁみりあでは、この査定費用が無料となりますので、お気軽に相談ください。

②査定・物件内容の確認・調査

③媒介契約
査定価格、ご注意点、その根拠などの説明を行い、周辺の取引事例や公示価格・路線価などの公的データ、売主様のご要望を加味したうえで売出価格のご提案をさせて頂き、売主様よりご納得して頂いたうえで、媒介契約を締結します。

③媒介契約

④売却活動の準備
媒介契約の締結が完了されますと、いよいよ実際のご売却活動が始まります。
不動産をご売却されるということは、現在居住中の場合、お住まいのご自宅がご購入検討者(買主様)に買っていただく「商品」となるということです。
商品の魅力を引き出し、効率的なご売却を行うためのご準備・売主様のご協力が必要となってまいります。
また、ご売却活動が始まると、週末を中心にご購入検討者(買主様)が内見に来られるようになります。
ご注意点としましては、ご自宅を少しでも良く買主様に印象を良く見て頂く為に、事前に掃除や片付け、整理整頓などは行っておきましょう。

④売却活動の準備

⑤売却活動
一般個人の方向けに不動産ポータルサイト「アットホーム」や「SUUMO」などへの情報の発信、不動産仲介業者様へ向けて、東日本不動産流通機構への情報発信を行います。
それと同時に、既存のお客様(買主様)へのご紹介も行ってまいります。
土地のご案件の場合には、更に数多くご提携させて頂いておりますハウスメーカー様へご情報の提供も行います。
数多くの情報発信を行う事で、幅広くご購入希望者(買主様)をお探し致します。
もちろんお問い合わせをいただいた方には、実際に物件のご案内、ご見学をしていただき、お申込みまでご案内させて頂きます。

⑤売却活動

⑥購入申込み~売買契約の締結
ご購入希望者(買主様)から「購入申込書」を受領し、価格やお引渡し等の条件について調整を行います。 既存の住宅ローン残債がある場合、売主様から金融機関へ完済のお手続きや抵当権を抹消する為のご連絡を行って頂きます。
ご契約にあたり必要な書類等がありますので、必要書類や今後の流れなどを事前にご説明をさせて頂きますので、予めご準備いただくことをお勧めします。
書類の内容等につきましても弊社からもちろんご説明をさせていただきます。

⑥購入申込み~売買契約の締結

⑦売買契約後の手続き
既存の住宅ローン残債がある場合、完済のお手続きや抵当権を抹消する為のご連絡を金融機関へ売主様よりして頂きます。
また、残代金の受領日までに電力会社・水道局などへご連絡頂きまして、ご清算金等がある場合には売主様にてご清算頂き、現在居住中のご案件の場合はお引越しなども完了させて、買主様へ引渡せる状態にする必要があります。

⑦売買契約後の手続き

⑧残代金決済・引渡し
契約時に定めた内容で物件のお引渡しを行います。ご契約時の書類内容又はお話と齟齬がないかなど物件の状況を改めて確認しましょう。
残代金の受領と同時に物件(鍵)のお引渡しを行い、ご売却手続きが完了します。
お引渡しのお手続きを行う場所は、買主様が住宅ローンをご使用される場合には、買主様がご使用されます金融機関にて、買主様が現金でご購入の場合には、買主様指定の金融機関にて行うケースほとんど です。

⑧残代金決済・引渡し

トップへ戻る