電話番号

営業時間:
9:30~18:00
定休日:
水曜日 / GW・夏季休暇・年末年始

仙台市の不動産売却・買取|株式会社ふぁみりあ>任意売却について

任意売却について

任意売却について

意売却とは?

任意売却とは、不動産に抵当権などを設定されてお借入れ等を行い、債権者様へ住宅ローン等の借入金のご返済が困難となった場合、債権者様や抵当権者様のご承諾を頂きご所有不動産のご売却を行い、債権者様・抵当権者様へご返済をして頂くと言う方法です。
(通常、住宅ローンご使用の場合はお借入れされております金融機関などが主となるケースが多くございますが、他に不動産を担保としてお借入れされているケースや固定資産税・市県民税などの滞納等により差し押さえと言うケースもございます)任意売却は任売とも言われています。
例えばですが、住宅ローンを滞納、延滞等が続きますと、債務者がローンを分割で返済する権利(期限の利益といいます)が失われてしまい、お金を貸出した金融機関は残っている住宅ローンの残債(残額)を一括で返済することも請求出来ます。(遅延損害金等も含められます)
残債務を一括で返済できない場合、金融機関は担保となっているご自宅を強制的にご売却し、そのご売却代金からお貸しされております債権を回収致します。

意売却の注意点

住宅ローンのお支払い等が厳しいな...と思った時点が
黄色信号のサインです。
現実的な打開策が無く、何とかする!!何とかなるだろうと言うお考えは非常に危険です。
早い段階でのご相談や行動を!!
後伸ばしにしてしまいますと、行動を起こせる時間・動ける時間が限られてまいりますし、結果的に対策が取れなくなってしまいます。
弁護士の先生へご相談される前にまずは不動産会社へ
ご連絡を。
弁護士費用に関しましては、高額となるケースもございます。
また、ご所有者様にとってメリットのある任意売却とならないケースもあります。

売とは

一般的に住宅ローンを払えなくなると、借入先である銀行等の金融機関(債権者)は裁判所を通じて優先的に不動産を売り、その売却代金からローン残額を回収する“競売手続き”を行います。
というのも、債権者は住宅ローンが申請された際、購入した不動産に「抵当権」を設定し、万が一ローンが返済されなくなった際に、不動産の売却益からローン残額を回収できる保険をかけているからです。

建物については債務がなく、土地にかかるローンの返済が滞った場合でも、一括競売として、土地と建物を競売の対象とすることができます。
土地だけが競売にかけられて売却され、土地と建物の所有者が異なることを避けるためです。
競売は裁判所が介入するため、強制力もあり、ご所有者様の事よりも債権の回収に焦点が置かれる為、融通等が利かないお手続きとなりますが、任意売却は債務者自らのお立場などを考慮したお取引を行えるところが大きな違いとなります。
これは不動産の状態や状況等によっても大きく異なりますが、任意売却の一番の魅力は市場価格にほぼ近い価格で不動産のご売却できる可能性があり、問題となっております残債を大きく圧縮できるケースがございます。
債権者にとっても、任意売却のほうがより多く債務回収ができる利点があります。
また、中にはご所有者様のお住み替え先の費用や引っ越し費用なども算出出来るケースもございます。

売になるまでどれくらいの期間があるのか

  1. ローン返済の滞納が一定期間続くと、金融機関から返済についての
    催促状・催告書が届く
  2. 「期限の利益損失」…ローンを分割で返却出来る権利を失う
  3. 銀行から保証会社や債権回収会社などへ窓口が変更となる
  4. 裁判所から「競売開始決定通知」が届く
  5. 裁判所の執行官により自宅の調査が行われる
  6. 裁判所から「期間入札」の通知が届く
  7. 自宅の競売が公告される
  8. 期間入札が開始

意売却のまとめとポイント

任意売却自体を難しく考えないと言う事が大事です。
簡単にお話しますと、債権者様・抵当権者様がいくらで抵当権などの権利を外して頂けるのか?ということです。
その話は全てご所有者様の代行を致しますので、ご安心下さい。
(多くの方々は難しく考えてしまっており、既に諦めてしまっておられるケースが多く見受けられます)
目の前の問題に対して前向きにお考え頂くと言う事が重要です。
任意売却だからと言ってご自宅または不動産の販売、
ご売却に非協力的にならず協力的に!!
やはり買主様へのご印象をよくして頂くことが大事になってきます。
(ご自宅の管理やお掃除はとても大切です)
少しでも高くご売却出来る様にする為には、必ずご所有者様のご協力が必要です!!

トップへ戻る