不動産内見時のチェックポイント

不動産の契約をする前には、物件の内見を行います。ここではその際にチェックした方がよいポイントを紹介します。

1.駅までの時間や交通機関を調べる

checkpoint_preview_1

不動産の広告では徒歩80mを1分として、距離の表示をしております。

ただし、坂道等は考慮していませんし、人により歩く速さは違いますので、実際に気になられるお家等がある場合には、歩いてみることをおすすめします。歩いてみる事で、良い所、悪い所がお分かりになられるかと思います。

バス便しか交通手段が無いと言う物件では、始発駅のバス時刻表、物件近くのバス時刻表でバス時間をチェックしておきましょう。さらに、夜間にタクシーを使う人は、すぐ乗れるかどうかも確認しておきたいものです。タクシーの状態は、不動産会社の営業担当者に聞いても分からないこともあるので、実際に夜に現地に行ってみて確認するのが確実です。

また、自転車を使う場合は、駅周辺に駐輪場があるかを確認しておきましょう。

2.周辺環境は歩いてチェック

物件を下見する際、物件の周辺をできるだけ歩いて、自分の目で環境をチェックしてください。

特に重要なのは、騒音や交通量、悪臭のチェックと必要な生活関連施設の調査です。 騒音を含む交通量のチェックは念を入れて行いましょう。

周辺や駅までの間にスーパーやコンビニ、クリーニング店、金融機関等に加え病院やレンタルビデオショップ等があるかもチェックできればさらによいでしょう。

できれば物件に入居を決める前に、昼と夜、平日と週末のように2回以上は現地でチェックしたいものです。同様に、においもチェックしましょう。例えば、物件の裏手の川から悪臭がするというケースもあります。

こうした物件の周辺環境は、入居してはじめて判明することが多いのですが、入居してから後悔しないためにも十分にチェックするべきです。

3.日照のチェックも忘れずに

checkpoint_preview_2

物件を下見するとき、窓がどの方角を向いているかという点は意外にチェックしにくいものです。

よく言われるように、東向き、南向きが、日当たりのよい方角ですが、下見の際に方角を正確に知るのは難しいので、下見の後に住宅地図で部屋の向きをチェックすることをおすすめします。

東向き、南向きの窓がある部屋でも日当たりがよいとは限りません。例えば、部屋に接するような建物が隣にあるケースも多いでしょう。

また、少し離れたところに高いマンションなどがあり、カーテンを開けると部屋の中が見えてしまうケースもあります。

下見の際に、実際に窓の外を見て、周囲の状況をチェックしてください。

4.部屋の広さは自分の目で確かめる

広告では、部屋の広さを、帖数(畳の枚数)で表示しているものが多く見られます。

1帖の広さは、不動産広告の基準によって、1.62㎡以上と決められています(例外もあります)。物件の下見の際には、この基準をもとに、部屋の広さを自分の目でチェックしてください。

下見の際にはタンスやベッドといった大きな家具を置く場所を検討しておくと、スペースが足りない等のトラブルが避けられます。

5.建物の管理状態で入居者の質が分かる

物件の下見をする際、建物の管理状態をチェックしてください。

ゴミ捨て場・駐輪場の使い方や、廊下・階段の清掃の様子などを見れば、きちんと管理されているかどうかがわかります。

建物の管理状態が悪い物件では、入居者の生活態度も悪いことが多いようです。

入居してから、トラブルを避ける為にも、管理状態のよい物件を選びたいものです。

6.夜道が安全かどうか

checkpoint_preview_3

女性の場合は、駅から物件までの道が夜間も安全であるかどうか、忘れずにチェックしてください。

特に住宅地では、朝や昼間は人通りが多くても夜間になると人通りがなくなるような道が多いからです。

もしも、駅までの最短経路が、夜になると人通りがなくなるような場合には、より安全な経路を自分で考えて、その経路を実際に歩いて見てください。

7.建物の傾きを調べる

実際に、建物の傾きなんてどうやって調べるの?と言う方も多いかと思います。売主様がお住まいのケースも多く、専門的な機械も必要ですし、確かに買主様個人でお調べされるのは難しいかと思います。目安としまいては、「内覧した際に足が突っ張る気がする」「背中が張って来る気がする」「平衡感覚がおかしい気がする」「立っているだけで重心が傾く気がする」と言うような感覚になられた場合は、傾きがあるケースが大きい建物かもしれません。もし傾きがある建物ですと、2階に行くとより傾きが大きくなりますので、更にハッキリとお分かりになられるかと思います。そう言った場合は、ご案内して頂きます仲介業者へ建物の傾きを調べて頂くと言う事をおススメ致します。仲介業者としてレーザーレベルなどは通常事務所に置いているケースも少なくありませんので、調べて頂くと言う事も大事かと思います。